このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
日本入浴協会 特別講座開催

お風呂が恋しくなる季節が始まりました!
体温と免疫を上げる毎日の入浴は”日本人の宝の習慣”です!


ところで、巷では西洋式サウナで「サ道」が大ブーム。
しかし本来”日本のお風呂はサウナから始まった”
という歴史的事実はご存じでしょうか?

今回スペシャル講座は「へぇ~!」がいっぱい、
日本入浴協会が持つ独自の研究データをもとに、
知られざる&とってもエキゾチックで面白い
『日本のお風呂とサウナの歴史』をお伝えします。

入浴文化の魅力を再発見!
~日本のお風呂とサウナ文化の歴史~
2021年11月16日(火)
20:00~21:30
会場参加 または オンライン参加
(会場特典:”特製和ハーブ入浴剤”プレゼント)

いくつ知ってる?お風呂の「歴史」

  • 温泉、禊、施浴・・・日本人はいつからお風呂に入っていたんだろう?
  • 日本のお風呂のルーツは東南アジアにあるって本当?
  • 天皇が毎朝、必ずお風呂に入っていた理由って?
  • 江戸初の銭湯の源になった「伊勢の石風呂」って?
  • 江戸時代初期の銭湯で、風紀が乱れた原因は何?
  • 「へそ風呂」「鉄砲風呂」「飛び込み風呂」こんなにあった江戸家庭風呂の違いは?
  • 日本のお風呂のルーツは東南アジアにあるって本当?

「入浴大国」を生み出した地理環境

それは大げさではなく、
日本という国家が誕生した時代にまで
遡るであろうと考えられます。

本ページでは講座内容を特別に一部ご紹介します!

寒さが厳しくなってくるこれからの季節、
お風呂に入って冷えた体を温めたり、
1日の疲れを癒すリラックスタイムとして
入浴を楽しむ方も多いと思います。

私たち日本人は、各家庭に浴槽があるのが一般的で、
日常的にお風呂に入る習慣がありますが、
昔からこのような入浴方法があったわけではありません。

実は、お風呂の歴史は神道や仏教とも深く関わっており、
歴史とともに、入浴の仕方も変化してきました。


日本には古来、心身の汚れを落とす「禊」に際し、
水や温泉を利用する「沐浴」の文化がありました。

中国からの仏教の伝来により、寺院を中心として、
禊を「浴場」という施設で行う文化「施浴」がもたらされ、
その後、寺院以外でも、入浴できる施設が作られました。
それは、石(いわ)風呂、空(から)風呂などと呼ばれ、
蒸気浴や熱気浴スタイルで、現代のサウナのような形です。

平安時代後期の説話集「今昔物語集」には、
寺の僧たちが賑やかに入浴をしているシーンが
生き生きと描かれています。

現在のような温浴スタイルの施設は「湯屋」と呼ばれ、
室町時代の関西地方に記録が見えますが、
この頃はまだサウナスタイルが主流で、
家庭にも風呂は存在しませんでした。

1591年、徳川家の江戸入りとともに、
伊勢の石風呂を模した初の銭湯が日本橋で開店します。
その後、サウナ+足風呂の「戸棚風呂」を経て、
現在のような温浴スタイルへと変化したのは江戸中期以降。
並行して、旅籠や裕福な一般家庭では五右衛門風呂など
家庭用お風呂スタイルが浸透していきました。



この講座では、このように時代とともに
変化してきた入浴文化を、
日本入浴協会理事で、医学博士の古谷暢基が
より詳しく・楽しく・分かりやすく
解説していきます!

お風呂が好きな方はもちろん、
あまり詳しくないという方も、
ぜひご参加ください。

新たなお風呂の魅力を再発見できるはずです。

講師紹介

古谷暢基(日本入浴協会理事)

日本入浴協会理事、日本ダイエット協会代表理事、日本ルーシーダットン普及連盟代表、(一社)和ハーブ協会理事長、(株)ルーシーダットン代表取締役、総合格闘技クロスワンジム会長。
博士(医学)、健康・美容・医療ジャーナリスト/プロデューサー、医事評論家。
現代日本における「健康・医療に関する正しい意識と知識の啓発」を人生の使命とする。
専門家と一般市民の間に立つメッセンジャーとして全国を飛び回り、「はなまるマーケット」「王様のブランチ」など、テレビ出演多数。

開催概要

「入浴文化の魅力を再発見!
~日本のお風呂とサウナ文化の歴史~」

日時 2021年11月16日(火)20:00~21:30
参加形式
会場またはオンライン (会場特典:”特製和ハーブ入浴剤”プレゼント)

①会場:日本入浴協会セミナールーム
東京都中央区銀座4丁目11-7 第2上原ビル4階

東京メトロ日比谷線・都営地下鉄浅草線「東銀座駅」3番出口より 徒歩1分
東京メトロ日比谷線「築地駅」エレベーター口出口2より 徒歩6分
東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」11番出口より 徒歩8分

②オンライン:Zoom配信

参加費 2,500円(税込)
講師 古谷暢基(日本入浴協会理事)
お申し込み方法 当ページの予約ボタンよりお申し込みください
備考 開始5分前までに会場へお越しください
参加形式
会場またはオンライン (会場特典:”特製和ハーブ入浴剤”プレゼント)

①会場:日本入浴協会セミナールーム
東京都中央区銀座4丁目11-7 第2上原ビル4階

東京メトロ日比谷線・都営地下鉄浅草線「東銀座駅」3番出口より 徒歩1分
東京メトロ日比谷線「築地駅」エレベーター口出口2より 徒歩6分
東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」11番出口より 徒歩8分

②オンライン:Zoom配信


こちらもオススメ

入浴検定公式テキスト
お風呂の「正しい入り方」

徹底解明!お風呂完全マニュアル
入浴、予防医学の専門家による「入浴」について、健康・美容・予防医学・スキンケア・ダイエット・泉質・文化歴史の面から、
身近な習慣である「お風呂の正しい知識」を解説いたします。
「健康・美容・安全面、そして世界に誇れる日本の文化である入浴」について学び活用していくのが「入浴検定」です。
健康、美容、ダイエットに興味がある方。
仕事・職場にお風呂の知識を活かしたい方におすすめの検定です。
「お風呂好き」の方に、読み物としてもおすすめできる1冊です。

入浴検定上位資格
「入浴指導士」

締切り迫る!
入浴検定の上位資格「入浴指導士」の第5回目は2021年12月開催予定!
入浴の「基本」から、他では学ぶことができない「薬湯」(伝統的な入浴剤)、歴史や文化、女性の一番気になる「スキンケア」について、美容・健康に役立つ内容が仕事にもプラスになる資格です。
定員に達し次第、締切いたします。
受講ご希望の方は、お早めにお問い合わせ下さい。
●日程:
 講義:1日目 12月4日(土)12:30~17:30 (会場受講orオンライン受講)
       2日目 12月5日(日)13:00~17:10 (会場受講orオンライン受講)
 試験日:1月10日(月・祝) 13:00~16:00(会場受講)
●申込締切:2021年11月19日(金)



日本入浴協会 公式SNS


日本入浴協会ではfacebookをはじめ、
インスタグラム、ツイッターなど
各種SNSで情報を発信しています。
イベントの最新情報など情報盛りだくさん! 

ぜひフォローしていち早く
お得な情報をGETしましょう!